泉貴子(いずみ きこ)二胡/Kiko Izumi,erhu player


■2003年 二胡の楽器の形に魅せられて二胡をはじめる。
■2006年 ピアニストの奥本亮と' Kiko & Ryo'を結成。初のCDアルバム「Dance Of The Raindrops」制作。 イギリスやアメリカでも演奏する。
■2008年 故郷五島を拠点に九州ツアーをする。福岡ビルボードでライブ。
6月' Kiko & Ryo'解散。
■2009年8月ピアニスト釋恵一プロデュースでオリジナル子守唄のCD「音舞 -nemu-」を作り、五島で発表。
■2010年5月オリジナル子守唄のCD第二弾「ゆらぎ」を作り、五島で発表。
6月”天地雅楽”という雅楽器のプログレバンドに参加。フランスツアーにいく。
同月”iroha ”という二胡と尺八とピアノの女性3人のユニットを結成。
■2011年2月”iroha”のファーストアルバム『いろはいろ』をリリース
■2012年4月irohaでアレンジしたミニCD『醍醐桜讃歌』をリリース
7月懐かしの楽曲のカバーを中心としたソロアルバム『木目心~SOU~』をリリース。
■2014年7月irohaのセカンドアルバム『イロハワヲン』をリリース

現在irohaの活動を主に、関西を中心にいろいろな場所で演奏活動をしている。




■ iroha のプロフィール&メンバー紹介
2010年6月に結成。 二胡奏者の泉貴子、ピアニストの新井美奈、尺八奏者の平山泉心による女性三人のユニット。
2011年2月に初のアルバム『いろはいろ』をリリース。 2012年4月には岡山県真庭市の県指定天然記念物・醍醐桜をたたえた『醍醐桜讃歌』のカバーCDをリリースし、醍醐桜前にてコンサートを実施。新聞やテレビなど様々なメディアに取り上げられ賞賛を受ける。
2014年7月セカンドアルバム『イロハワヲン』をリリース。
ライブハウスだけでなく、神社やお寺、お城でのステージなど関西を中心に幅広い演奏活動を行っている。
世代を問わず親しみやすい楽曲を、iroha流にアレンジ。オリジナルからカバーまで、和洋中にこだわらず、独自の世界を創造している。

新井美奈(あらい みな)ピアノ/Mina Arai, Pianist


■4歳でクラシックピアノを始め、幼少より各地のコンサートやコンクールに出演、
■17歳で「ヤマハPTCコンクール」最優秀賞、「中国ユース音楽コンクール」優秀賞受賞。
■関西学院大学 在学中、チャペルオルガニストとして礼拝、式典でパイプオルガン奏楽の奉仕を行う。
■2007年「日本ピアノ研究会 関西ピアノオーディション」最優秀賞受賞。
■2008年「三木楽器DUET」グランプリ受賞。
■現在、様々なミュージシャンのサポートピアニストとしてライブ、レコーディングに参加している。






平山泉心(ひらやま せんしん)尺八/Senshin Hirayama, Shakuhachi player


■大学の邦楽部にて尺八を始める。
■在学中、村治流尺八を、木下登一師、椿本登葉師に師事。
■卒業後、上田流尺八を、谷泉山師、谷保範師に師事。現在に至る。
■2013年 上田流尺八全国技芸審査会一位
■現在、純邦楽、ポップス、ボサノバなど、ジャンルにとらわれず、和洋中さまざまな楽器とコラボレートしながら、関西を中心に幅広い演奏活動を行っている。
■上田流尺八道指南。上田流尺八道泉山会会員。